当院について

院長プロフィール

院長:鈴木 悦夫(すずき えつお)

etsuo_suzuki

川崎市出身
(旧)神奈川県立川崎工業高校機械科卒業後、家業である自動車整備工場で整備士となる

30代後半で日本カイロプラクティックカレッジ入学
卒業後、インターンを経て同年11月に川崎で開業、現在に至る

趣 味

堤防釣り(ヒットアンドイートが信条)
カヌー(インフレーター)未だ多摩川下りのみ

カイロプラクティックに対する想い

家業であった自動車整備工場で整備士になったものの、24歳の時、作業中に右目に傷を受け大型自動車の運転免許が取得できなくなりました。

さらに30歳頃、首から右肩にかけて痛みが出て、病院を受診するとX-Rayの診断で異常なしを診断されにも関わらず牽引療法を受け症状が悪化。
右腕上腕三頭筋の萎縮、右示指の冷感と感覚低下。頚部は絶えず痛み頭を何処に置いていたら良いのか解らず、痛みで寝る事も出来ませんでした。

残念な事に、当時はカイロプラクティックを知らず時間薬と運動で落ち着きました。
この様な事が一因となり、カイロプラクティックに興味が沸き新聞広告などで学校を探し、整備士18年目36歳でカイロプラクティックの世界に飛び込みました。

しかし、いざ説明会に出てみると、考えていた事とはまるで違う事に愕然とし、自分に出来るものかと思ったものです。
それでも入学を決め授業を受け始めると、基礎医学は医学部の先生であり、聞いた事が無い言葉が山ほど出てきました。

カイロのテクニックもテレビマスコミで見るものとは雲泥の差です。テレビではただ「ボキボキ、バリバリ」音をさせているだけ。開業後このクリック音を出す様な操作を繰り返していると関節が破壊する事を知る事になりました。

2014年で開業20年になりました。開業してみると学校で教わった事だけではとても対処できず、いろいろな事を勉強してきました。
我々の仕事は、身体だけではなく人の痛みを診て行く事。この歳になりいままで気づかずいた事が少しずつ解る様になってきましたが、当然これからも覚える事がたくさんあります。
一人でも多くの方に楽になってもらいたい、その思いを持ってこれからも頑張ります。
気になる事がありましたらいつでもご連絡下さい。

カイロプラクティック川崎

概  要

名 称:カイロプラクティック川崎
住 所:川崎市川崎区宮本町5-1-304
電 話:044-200-0231
代表者:鈴木 悦夫
開 業:1994年

施療時間

月〜土 9:30〜19:30

施療費

・初   回:7,500円
・2回目以降:4,500円

※お支払いに電子マネーが使えます
WAON、nanaco、Edyの3種類です
現金との併用も可能です

アクセス

カイロプラクティック川崎地図

  • JR川崎駅より徒歩10分
  • 京急川崎駅より徒歩7分

※アゼリア39番出口からそのまま進行方向に歩き、川崎市役所第一庁舎とセブンイレブンの間を左に曲がって、最初の交差点の右角にあるマンションの3階です。
交差点に置いてある看板を目印においでください。

ページの先頭へ