症例

肘の痛み 〜肘の内側の痛み〜

知り合いのコンビニ店長。24歳と若い方なのだが、左肘に痛みがあり荷物の移動などで症状が強く出ている。彼の行動を見ていた方によると、荷物を持って腕を動かす度に顔をしかめていたそうだ。

レントゲンでは異常がなく「湿布してほっとけば治るよ」と言われそうだ。その後、私が触診した所、肘関節の過外転が診られた。もちろん、外転させた時は痛みも出て、皮膚を軽く触れると「ヒリヒリ感」もある。

あえて診断という言葉を使うが、「肘関節内側側副靭帯捻挫」となるだろうか。この様な診断名があるのか解らないが。
要するに肘関節の内側側副靭帯(ないそくそくふくじんたい)という靭帯に負荷がかかり靭帯が引き伸されている状態である。この靭帯は肘を伸ばしている状態で、肘関節が外側に曲がらないようにするための靭帯である。反対の内側に曲がらない様にしている靭帯は「外側側副靭帯(がいそくそくふくじんたい)と言う。

何度か書いた事だが、靭帯は一度伸びると元に戻る事は無い。関節を構成している靭帯は繊維性靭帯という物で、名前の通り繊維である。普通の布地を引っ張っても弾力を感じる様な伸び方はしない。そして、繊維は引っぱり応力に非常に強い性質がある。ただし、強い力や長時間引き伸すと繊維が伸びてしまう。
そのため長く履いたズボンの膝が出てしまうと元に戻らないのと同じ事で、一度伸びてしまった靭帯も元に戻る事は無く、 そのため靭帯が伸びてしまうと関節は不安定になり、位置が悪くなり稼働時に痛みが出る事になる。

と、書いたのだが、若い方はきちんと調整してテーピング、アイシングを行うと靭帯が元の状態近くに戻るようである。もちろん靭帯が伸びた程度にもよるのだろうが。 先日、その店長と会う機会があり、症状を聞くと「もう痛みは無いし、テーピングもしていない」との事。触診をすると外転検査でしっかりした手応えがある。

少し苦言を言わせて頂きたい。整形外科医はレントゲンで異常がないというが、患者さんは痛みを訴えているのだからきちんと検査して欲しいものだ。何しろ私が行った検査は外転ストレステストという「整形外科テスト法」である。 本来なら整形外科医が行うベきテストでレントゲン等の検査と併せて診断するのが正当な治療に繋がると思う。異常がないと診断して湿布しておっとけば良いというのはいささか不快である。

 

以前にも21、2歳の方の中手骨の不安定をテーピングをした事があるが、やはり一月くらいで安定した事があった。 この様にテーピング、アイシングだけでも自然回復して行く事がある。先ほど書いた様に受傷の程度や年齢にもよるだろうがほっておいていいとは思わない。 皮膚の弱い方はテーピングが出来ないのだが、なるべく動かさずにしっかりアイシングする事は重要な治療となる。

坐骨神経痛と椎間板ヘルニア .2

zakotu-2-2-153x300

 

数年前の事だが、右脚のしびれで施療に来た女性がいたのだが、MRIを観るとヘルニアは左側にある。医師も左側と言っていたそうだ。こうなると、ヘルニアが神経を圧迫して痛みやしびれが出るというのは間違っているのでは? と考えるのが普通であろう。

現在ギックリ腰で施療中の男性も、10年ほど前にヘルニアと診断されたそうだが、治療としては痛み止めと経過観察だけだったそうである。その後、痛みが無くなったので治療には行かなかったそうだが、もしヘルニアが神経を圧迫しているとしたら、ほっておいて治るはずは無い。

では痛いやしびれの原因を考えなくてはならないのだが、神経は圧迫よりも牽引により痛みやしびれを発症する。骨盤や腰椎にゆがみが起こると身体が傾く。その傾きを戻そうと上部脊柱が反対側に傾き始める。こうして、神経は徐々に牽引され始めて痛みやしびれが発症する。

多数の坐骨神経痛の方を診て来たが、ヘルニアが原因と思われる方はほとんど経験していない。もちろんヘルニアが原因の場合もあるのだろうが、多くは骨盤のゆがみを調整して行く事で症状の改善が観られる。 腰痛や脚の痛みやしびれが長引いている方はご連絡いただければ幸いである。

※ヘルニアが脊髄を障害している方にはカイロプラクティックの施療で症状の悪化が起こる事がある事を書き足しておく。

坐骨神経痛と椎間板ヘルニア .1

zakotu-2-2

 

椎間板ヘルニアとは椎体と椎体の間にある椎間板が押しつぶされて、椎間板の中にある髄核が椎間板の外側に飛び出した飛び出した状態の事である。

坐骨神経痛は、飛び出した髄核が腰の神経を圧迫するために脚が痛んだりしびれが出る。というのが一般的な説明であるのだが、最近の研究に寄ると腰痛や坐骨神経痛のない方を検査しても70〜80%にヘルニアがあるという。

また、坐骨神経痛で施療に来た方を触診してみると、ヘルニアが無い方に坐骨神経痛が出ている事がある。ヘルニアの原因として考えられる事は、事故やスポーツ障害と日頃の姿勢がある。

背中が丸くなる様な姿勢をとっていると、椎体は前に倒れている形となり、髄核は背中側に押し出されてくるのだが、脊柱の真後ろには脱出しづらい構造になっており、また脊柱自体も左右どちらかに傾いているため、髄核は後外方に押し出される様になり、前述した様に、椎間板を突き破って飛び出した髄核が神経を圧迫するためという説明になる。

続く

体操で腰痛が発症

curelist01

お子さんが通っている学校のイベントで、「お母さんも体を動かしましょう」という事で、エアロビの様な体操を行ったところ、腰痛になったしまったとの事。

以前も腰痛で施療していたのだが、症状がほぼ消えた時に学校が春休みになり、施療に通えなくなっていた。今回は左側の腰に痛みが出て立位姿勢分析、骨盤が左にスライドしている。そのため座位では腰椎が左に倒せなくなっていた。

現在は靴下を履く様な動作で痛みが強く出ている。いわゆる「ギックリ腰」に近い状態である 調整をすると腰椎の動きは良くなり、痛みも軽くなるのだが、動きやすくなると買い物等で少し無理をして痛みがぶり返したようだ。

この方は腰椎のゆがみのために普段から左側の筋肉が引き伸されていて、体操によりその筋肉をさらに引き伸した結果、今回の腰痛の原因と思われる。自宅でのアイシングをして頂いている。

体操やストレッチは柔軟性を高めるために行っているのだが、場合によっては筋肉を引き伸しすぎて体を痛める結果になる。注意する事が肝心である。 痛めた場合は安静にして、痛みの強い場所をアイシングする事。腰痛は動いて治せという方もいるが、受傷直後は安静が大事になる。

車中泊で頚部痛に

images

 

横浜から伊勢参りのため車で移動したという方が見えた。月一回くらいでいらっしゃるのだが、今回はちょっと早かったので話しを聞いたとろこ、車中泊のせいだと思うが首が痛いとおっしゃる。

ご自身は運転しなかったそうで、なおさら寝てしまい首の痛みに繋がったのだろう。旅行の後から左腕に軽いしびれ感も出ていると話してくれた。 普段も頸椎に動きは硬く可動域も狭くなっているのだが、今回は特に右側第5頸椎と第6頸椎の間で右側の変位があり可動できないでいた。かなり硬さを感じたが思ったより調整がしやすく、施療後の痛いもだいぶ治まっていた。

左側は腕にしびれが来るほどの変位や可動制限がなく、肩関節を検査するとゆるみがあり、肩甲骨を押さえて腕を足の方に軽く引くと、関節が離れて行くのが触診できた。 頸椎の施療後、仰向けのまま肩関節の調整器を使いご自身で動かせてもらうと、肩関節の可動域が大きくなりしびれ感も無くなっていた。肩関節の問題は学生の頃からバレーボールをしているため、転倒などで痛めている物と思う。

これからの季節はドライブシーズンでもあるので、車中泊では首の位置が悪くならない様な工夫が必要になるだろう。また、痛めた時にはすぐにアイシングを行う事が重要となる。

手首の痛み

wrist

2週間ほど前に運転台から降りた時に転倒。左手の小指側から手を着き掌側に曲げると痛みが強いと言う。触診をすると左側手首の小指側の骨が右手に比べ手の甲側に僅かに出っ張っている。正確な骨の名前は手根骨という八つの骨の中の「三角骨と有鉤骨」という骨が変位をしていた。

動きの悪い方向に軽く圧を加えしばらくすると「ジワッ」っという感じで動き始めた。何度か繰り返すと完全に元の位置というわけにはいかないが、位置が変わって来た。 今回は急性であったため、すぐに症状が軽くなって来たのだが、この状態を我慢してほっておくと、変位した状態の骨の形になってしまい、痛みと動きの悪さが継続していまい調整をしようとしてもなかなか痛みが取れなくなる。

 
このような時には受傷直後にレントゲンで骨折の確認をして、折れてなければアイシングを行い、腫れが軽くなったらカイロプラクティックで手首の調整を行うと効果が高くなる。調整後は痛みが引くまでアイシングを続けると予後がよい。

腰痛:仙腸関節の痛み

h100

階段で片足がつまずき体を支えようとして反対の足を出したが、その足も階段にぶつけて転倒。左膝の内側の靭帯を痛めた。 膝の痛みをかばって歩いていたためか腰が痛くなったと言う方が来院。

腰痛でも痛む場所があるので詳しく聞くと、右側の下の方と言う。触診しながら場所を特定すると仙腸関節付近に痛みが出ている。この方は時折首の痛みで施療に来るのだが、普段は腰痛を訴える事は無い。 膝の痛みもあるので検査をすると特にひどく靭帯を痛めてる様子は無い。冷湿布をしていたが、自宅では氷水によるアイシングを勧めた。

骨盤の検査では立った状態で壁に手を着いてもらい、片脚を持ち上げる検査を行うのだが、施療前は右脚が上げづらいようであった。腰椎の可動検査では左に曲げづらく、腰椎も左側に凸を作っている。

骨盤と腰椎の調整を行うと膝上げの検査で右側の膝を上げやすくなったと言っていて、痛みもだいぶ治まったようである。 やはり、体のどこかを痛めると全体のバランスが変わり、どこかが痛む事がある。

今回の方は、ゴルフを趣味にしている方なのだが、膝のじん帯を痛めてる事と右の仙腸関節の状態が安定するまでゴルフは禁止とした。

『腰痛は動いて治せ。』という話しがネット上や出版物によく出ているが、原因によっては悪化させる事もあるので、気になる事があったら連絡を頂きたい。痛めた場所や痛め方によっては安静にする必要がある事も多い。

膝の不安定・膝十字靭帯の損傷

Drower's Sign

腕のしびれや頚部痛で施療中のクライアントさんの膝を検査したところ、右膝の動きに異常を感じた。改めて話しを聞くと、5年前、階段で脚を滑らせ右膝を痛め整形外科を受診。レントゲンで異常なし。様子を見ると言われ特に治療や投薬はなしだったとの事。

その整形外科では触診および整形外科検査は無く、レントゲンのみで診断したようだが、本日、Drower’s Sign(ドロワーズ サイン 画像参照)という前・後十字靭帯の検査を行うと、後十字靭帯の損傷を発見できた。

靭帯が伸びてしまったこと自体は外科手術をする他に方法は無いが、膝関節の位置を調整する事と日頃からアイシングを行う事で、痛みや不安定をかなり防ぐ事が出来る。

膝の痛みや不安定を感じ、レントゲン、MRI検査で異常がなくても、整形外科検査や、カイロプラクティックによる可動性検査を行う事で、膝関節の異常を発見する事も出来る。

また、程度にもよるが関節の調整をする事で痛み、不安定感を緩和する事が出来るので、異常を感じてる場合はカイロプラクティックの施療をお勧めする。

尻餅をついたら胸に痛みが。

url

以前より来ている方から、お子さんとサッカーをしていて、足を滑らせて尻餅をつきお尻の右側を強く打ち、その後、胸の真ん中が痛くなり、深呼吸や仰向けで痛みの増悪があると相談があった。 胸を打っていないし、打撲の跡も無く腫れも無い。と言う事なので、こちらに来て頂いた。

胸を見ると確かに腫れも無いし痣にもなっていない。軽く叩いてみると痛みが出るが、転倒した時には右手をついて背中は打っていないと言う事なので骨折の疑いは無いと判断して施療を行った。

骨盤を検査すると、やはり右坐骨を強く打ったのだろう。右寛骨の後方変位があった。過去の施療記録と比べても、今回の後方変位は転倒によるものであると思われる。普段は左寛骨の前方変位があるため、両側の調整と頸胸部および頸椎の調整を行い、胸部はテーピングをしてアイシングを指示。

脊柱側弯症の方なので、腰椎、胸椎は調整の効果が少ないため、骨盤と頸椎とでバランスを取って、胸の痛みはアイシングにより自然治癒をさせていく。 普段は首の痛みが強くなると予約して頂いているが、今回は骨盤の施療をしっかり行いたいので、数回通ってもらう事とした。

また、今回は尻もちをついた時に手を着いているので、右肩関節と右母指に痛みを訴えていた。これは調整を行うと痛みと可動制限は無くなった。

簡単に尻もちと言うが骨盤に与える影響だけではなく、他の部位まで痛める事があるので、充分注意して、もし尻もちをついた時にはなるべく早いうちに調整行う事をお勧めする。

膝の痛み

I0000000

先だってより左股関節と右膝関節痛で施療しているクライアントさんが、膝関節と脊柱のレントゲンを持参して来院した。

右膝関節は膝の内側の痛みでレントゲン上では関節内側の隙間が少なくなっているがこれと言った問題は無い。病院の診断でも異常なしと言われた。

しかし、触診では関節に腫脹があり水が溜まっている。可動性の検査では大腿骨に対して脛骨の内旋に可動制限がある。膝の痛みを訴える方の多くは内旋が出来ない。内旋が出来ないと膝関節は完全伸展が出来ず、いわゆる屈曲膝と言われ、この状態が長く続くと関節の変形が起こり機質的なO脚になっていく。

この方の膝の痛みは左股関節痛が軽くなったため、軽いウオーキングをしてから痛みが強くなったと言っていた。おそらく左股関節痛のため右に加重して歩いていたのが、本の僅かではあるが、左脚に加重でき手歩き方が変わったのが原因と考えている。

また、脊柱のレントゲンを見ると第12胸椎と第1腰椎がすでにくっついてしまっているので腰椎のゆがみを完全に調整する事は適わないため、可動できる腰椎の調整を続けている。

現在は、自宅でアイシングをして週二回ほど調整をしている。痛みが少ないときもあるが、仕事でかがむ事も多く痛みが強くなる事もあり、ゆっくり歩いている。 股関節の痛みは続いているのだが、最初の痛みよりだいぶ軽くなっているので、骨盤、腰椎、股関節および膝関節の調整を続けていく。

ページの先頭へ