ブログ

熱中症ってどういうもの?

4年ほど前にカヌーに乗っていて、熱中症になりました。
その時にはいったい何が起こったのかまるで解らない状態で、ただ具合が悪く吐き気があり両方の手 の指先にピリピリしたしびれ感はあるが、脱力感は無く握力もありカヌーを漕ぐ事も出来ました。
熱中症と気がつくまでだいぶ時間がかかりました。

熱中症の体験談はこちら:熱中症から得た教訓は・・・

では、熱中症とはどういった症状でしょう。

熱中症とは、熱によって起こるさまざまなからだの不調のことをいいます。
暑さによって体温調節機能が乱れたり、体内の水分量・塩分量のバランスが崩れたりすることが原因で以下の様に分類されます。

熱失神

皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少して起こります。
脈は速くて弱くなります。

  • 特徴:めまい、一時的な失神、顔面蒼白
  • 熱失神の救急処置:涼しい場所に運び、衣服をゆるめて寝かせ、水分を補給すれば通常は回復します。

熱けいれん

大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こります。

  • 特徴:筋肉痛、手足がつる、筋肉がけいれんする
  • 熱けいれんの救急処置:生理食塩水(0.9%の食塩水)を補給すれば通常は回復します。

熱疲労

大量に汗をかき、水分の補給が追いつかないと、身体が脱水状態になり熱疲労の症状がみられます。

  • 特徴:全身倦怠感、悪心、嘔吐、頭痛、集中力や判断力の低下
  • 熱疲労の救急処置:涼しい場所に運び、衣服をゆるめて寝かせ、水分を補給すれば通常は回復します。

熱射病

体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態です。意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)がみられたり、ショック状態になる場合もあります。

  • 特徴:体温が高い、意識障害、呼びかけや刺激への反応がにぶい、言動が不自然、ふらつく
  • 熱射病の応急処置:熱射病が疑われる場合には、直ちに全身に水をかけたり、濡れタオルを当てて身体を冷やします。また、首すじ、脇の下、大腿部の付け根などの大きい血管を水やアイスパックで冷やす方法も効果的です。
    足を高くし、手足を末梢から中心部に向けてマッサージするのも有効です。
    吐き気やおう吐などで水分補給ができない場合には病院に運び、点滴を受ける必要があります。

次回は水分補給についてお話します。

熱中症から得た教訓は・・・

今年も暑い夏ですね。熱中症で亡くなる方もいらっしゃいます。
今回は私自身の熱中症体験をお話します。

4年前の5月か6月だったと記憶していますが、ある日曜日に急に思い立ってカヌーで多摩川河口から羽田飛行場の横の海老取り川を上って行きました。

海老取り川は川と名前がついていても水路の様な物で川ではありません。
飛行場やモノレールを右手に見ながら50分〜1時間ほど漕いで行くと飛行場の裏側に出て、正面に京浜島が見えて来て、そこから一般の船の水路は大きく左にそれて、カヌーの様な軽い船しかまっすぐに進めなくなります。
そのまま進むと左から右に大きく曲がっていた水路にぶつかり、今まで見た事の無い飛行場の風景が見られそのまま進むと東京湾に出て行きます。

それを確認した後、来た通りに戻り、飛行場の裏の浅瀬でしばらく休み海老取り川を下り始めました。
多摩川近くづくにつれ軽い吐き気がしてきて、体調も思わしくなくなり気づくと両手の指先がピリピリと痺れているのに気づきました。

何が起きたのか見当もつかずとりあえずカヌーを漕いで行くと、吐き気は強くなりめまいに似た症状が出て漕ぎ続けられなくなってきました。
流れに任せていろいろ考えていたのですが、一番恐れたのは脳梗塞ではないかという事。

そこで簡単に脳機能を調べるために、手のひらと手の甲を左右交互に変換する運動や、鼻をつまんだ指とそれを交差して耳をつまんだ指を交代させる運動や、足首を交互に動かしたり、ら・り・る・れ・ろと声を出して発音したところ大きな以上は見られず、指の痺れ感はあるものの握力低下も無い。

何だろうこれは?と考えていたところ
「ん、この気持ちの悪さはもしかしたら低血糖か?」
そうだよな。朝食に調理パン二つとコーヒーを一杯飲んだだけだし、これほど長時間カヌーを漕ぐつもりじゃなかったので、水も食べる物も持っていかず、やっぱり低血糖かなと思いつつも吐き気やめまいは強くなる一方。

あぁ、そうか。低血糖というより脱水じゃないかこの症状は。
って事はいわゆる熱中症と気づき、気分の悪さや血管拡張による末端の痺れ感も納得。

朝食のコーヒー以外水分を取れずにいたが、それほど炎天下でもなく川面を吹く風で肌はさらさら。汗で湿っている事が無かったから脱水なんて考えもしなかったのです。
ましてや、若い事は夏場に運動をしていてもこんな状態なった事が無く初めての経験でした。

しかし、状態については納得出来ても状況については何一つ変わる訳でもなく、この状況を打破するにはとにかく出航したところまで漕いで行くしか方法は無い。なにしろその場所に車が置いてあるのだし。

ようやく多摩川にでて、川を横断して川崎側へ。
一度砂地に乗り上げてカヌーの中で仰向けになり身体を休める。カヌーって漕いでいる時にパドルに水が伝って来て結構カヌーの中に水が溜まっているのです。

おかげで体温上昇が防げました。
多摩川に浸かっても良かったんですがとてもその元気は無く、身体を伸ばし休憩。
とてものどが乾き水が飲みたいのですが、横を見れば川の水がいっぱいあるのにまさか飲む分けにもいかずひたすら我慢して、ある程度落ち着いたところで漕ぎ始めました。

10mも漕がずに吐き気とめまいに襲われ、心の中で罵声を発しながら多摩川河口へ。
河口から右へ多摩運河と進路を取り出航場所へ。そこまでおよそ30分(元気な時で)をひたすら漕ぎ続ける。
水路の端にはアサリ取りの船が数隻。水を貰おうか曳航してもらおうかと思いながら、懸命に漕ぎ続けようやく出航場所へ。

岸壁に片手を伸ばしカヌーを停止させたまま再び仰向けになり休憩。
いくら休んでも状態が良くなる事は無い。それも承知してるけど、動けない。後ちょっと休もう。

しかも、上陸したらしたで、カヌーを掃除して簡単に乾かして、畳んで車まで運ぶ、という作業が残っている。
元気でも結構大変なのに脱水状態でこの作業はしんどい。でも、一人だし。自分でする他ないのです。

なんとか片付け終えて車に乗り真っ先に一番近くのコンビニへ。
とにかく脱水をなんとかするために(私にとって)二番目に有名だと思われるスポーツドリンクを買い、車中で飲む。こちらの方が濃度が薄いんで水分と糖質の吸収がいいと言われていた。
ようやく帰り着きシャワー浴びて麦茶を飲み横になる。二時間ほど寝ていたようだ。やっと脱水状態が治まっていました。

実は翌年もカヌーの最中に熱中症になりまして、この時は前年の失敗を経験として、充分な水量と軽食も持参していたのですが、なぜか、脱水を起こしたのです。
スポーツドリンクの水割りと麦茶を500mlで数本用意して、そのうち二本ばかり凍らせていて解けた時に飲むつもりでした。温度が低い方が吸収が早いのです。

最初のうちは麦茶を飲んで、飲み終わってスポーツドリンクの水割りにしたのですが、それを飲むうちにとてもまずく感じ始めて、気持ちが悪くなって来たのです。
なぜなのか解らないのですが、スポーツドリンクの糖分の吸収が早すぎるんじゃないかと思います。
やはり手作りのドリンクを作った方が良いんじゃないと思っています。塩分濃度で3〜5%くらいで体液(体内は9%)より少し薄い濃度が良いでしょう。

飴を舐めていれば水に溶けた状態より糖質はゆっくり摂取できるし、冷えてる麦茶を小量づつ飲んでいれば急激な浸透圧の変化も無く充分に水分の補給ができます。

その年はもう一度カヌーを出しましたが、今度は一本だけスポーツドリンクの水割りで残りの数本はすべて麦茶。
そして飴を持って行ったところ、やはり熱中症にはならず快適にカヌーを楽しめました。

結論として、こまめな水分補給が大事で、喉が渇く前に一口でいいから水を飲む事、多く汗をかいた時には体液濃度より少し薄い濃度の飲料と飴が最適。
という事でしょうか。これからますます暑くなります。ご自愛下さい。

ページの先頭へ