ブログ

頸椎の痛み、腕の痛みは頸椎ヘルニアが原因?

keibutu

以前、施療に来ていた方から「頸椎ヘルニアってって言われたけど、どうですか?」と問い合わせがありました。MRIで第五頸椎と第六頸椎の間にヘルニアがありそれが神経を圧迫している。と診断されたそうです。

症状を聞くと頚と左腕の痛みで、病院ではMRIの他は握力の検査のみで、左手の握力が低下していた。処置として痛み止めとビタミン剤で様子を見るという事。 来院して頂き握力の検査を行った所、右手60kg 左手25kgという事で、腕のしびれも強く頸椎を後ろに倒すと症状の悪化がありました。

施療は通常通り、骨盤、腰椎、頸胸部(第七頸椎と第一胸椎)、第一肋骨および頸椎の調整を行った所、頸椎の痛みや腕のしびれは変化無かったものの、頸椎の伸展度が大きくなり、握力は10kg程度アップしました。

7、8回の施療で頸椎の痛みも無く可動性も増して、腕の痛みやしびれは無くなり、握力も45kgくらいで安定していたのですが、頸椎調整後に握力が下がる事があり、原因が分からずにいたのですが、ふと肩関節を検査すると左肩関節の『ゆるみ』があり、肩関節の調整を行なうと、左手の握力が50kgに上がりました。 その後は肩関節を主体にして調整をしていき、病院での診断は、いたみ、しびれが無く握力50kgだったため治療終了になり、こちらの施療も終了しました。 できれば病院で治療終了する前にもう一度MRIを確認して頂きたかったのですが、再検査は行われませんでしたのでヘルニアの状態を確認する事は出来ませんでした。

カイロプラクティックに係らず、手技療法と言われる方法では腰椎ヘルニアや頸椎ヘルニアが消失する事はありえません。 今回の症例で解る事は、頸椎の痛みや腕のしびれは頸椎および頸胸部の調整で落ち着いてきて、握力は頸椎の問題もありますが、一番の原因は肩関節の『ゆるみ』に起因するものでした。 ヘルニアで坐骨神経痛や腕の神経痛はほとんど関係ないと考えられます。

手術を勧められてる方は一度ご相談下さい。

肋間神経痛

肋骨は左右で12組あり、肋骨の下縁にそって肋間神経があります。
その神経になにがしかの原因で張力が加わると痛みが出ます。それが肋間神経痛と言われる症状です。

多くは脇の下が痛くなったり、肋骨にそって痛みが走る感じや、ひどくなると「胸痛」が起きる事があり、「心臓が痛い」と言って、胸を押さえて身体を丸くしたりします。
決してお年寄りだけの症状ではなく、子供でも肋間神経痛は起こります。

事故や運動障害によるものと思いますが、私の経験では、小学生の女子がこの症状があり、話しを聞くと地域のクラブチームでバレーボールをしているとの事。

バレーボールだけではないでしょうが、ボールを追いかけて背中から落ちたり、他人との接触で後方に転倒した場合では、肋骨が背部より前方に急激な力で押出されるため、その衝撃で肋骨と背骨の関節(肋椎関節や肋横突関節と呼ばれる関節)が離れる方向に力がかかります。

もちろん、関節が目で見えるほどの隙間があくわけではないのですが、関節の密着が悪くなり、わずかに肋間神経が引っ張られる様になり、結果、痛みが発生します。

特に第三肋骨や第四肋骨と言うのは心臓の高さになりますので、この肋骨が障害されると前述した「心臓が痛い」と表現されます。 調整としては、骨盤や脊柱、そして、障害された肋骨を前方から圧着する様にして関節を密着させていきます。

この肋骨の調整法は肋間神経痛だけではなく、ぜんそくの方にも非常に有効な調整法でもあります。

温める?冷やす?身体の痛みへの対処法

腰痛などの場合、特にギックリ腰なんかでは温めた方がよいのか、冷やした方がよいのか、悩む事がありますね。調べてみると両方の意見があり非常に悩みます。 一般的に、急性は冷やす。慢性は温める。といいますが、概ね身体の痛みには冷やした方が良いと考えています。

痛みやなにか症状のある場合、その部分は「炎症」がおきています。 炎症は傷などが治るために必要な事なのですが、「炎症は第一層で止める」というのが鉄則で炎症が広がるのを防ぐには、やはり冷やす(アイシング)が良いでしょう。 確かに温めると気持ちがよいのですが、ホットパック等で温めると温めた場所は赤くなり当然温度が上がっていて汗も出てきます。 血流も良くなりますが、ちょっと考えてみましょう。体温は常に一定です。直腸温で37°ですから、暑い時には汗をかいて体温を下げるし、寒い時に震えるのは筋肉を震わせて体温を上げるという事をしています。 温める事によって血流が良くなるのは、加えられた熱を捨て去るために血管というホースを太くして、血液という水をたくさん流して温度を下げようとしてます。 ですので、寒い時に暖かい服装をする事が悪いと言う事ではなく、無理に温める必要は無いと思います。もちろん、必要の無いアイシングもすることはありません。

ちょっと話しがそれますが、冷え対策でショウガの料理を食べていたレポーターが、 ふたくちかみくち食べて、「見て下さい。この汗!」っていいながら、体温が上がり血流が良くなった事をアピールしてますが、汗をかいているという事は、体温上昇を防ぐために汗をかいて体温を下げているという事になります。
低体温の方がこのような食事をして、低体温が治るのならいいと思いますが、一時的な事と思っています。

40年〜50年ほど前は、野球の選手が方を冷やす事はいけない事とされていましたが、現在は投球後に肩と肘をしっかりアイシングしているのを見かけると思います。
これも、肩を使った後に組織の熱破壊を防ぐためになります。
機械では熱破壊を防ぐために冷却に力を入れてます。良い例が自動車のラジエーターで、この装置は適正なエンジン温度を保つためですね。
人や動物の体温も一定になっていて、細胞の働きが正常に行われるために必要な事なのです。 発熱というのは一時的に細胞の働きを抑えて、免疫力を上げるために体温を上げているのです。
そのため、風邪などの発熱時に解熱剤を服用すると免疫が下がり却って治りが悪くなります。注意が必要です。

例えば、膝痛で膝関節に水が溜まっている方は特にアイシングが効果的です。 東洋医学では膝に水が溜まるのは、「炎症があるため身体が水を溜めて冷やしている」と言っています。ですので、炎症が続いてる間はいくら水を抜いてもまた溜まる事になります。 膝に係らずこまめなアイシングと、関節の調整をするとなおいっそう効果があります。

☆アイシングの方法  アイスバッグ(市販されていますし、ビニール袋で代用できます)に氷と水を入れて患部に当てます。 冷えすぎる時にはてぬぐい(タオルでない方が良い)か綿の布を一枚置いてその上からでもアイスバッグを当てて下さい。 時間は、15〜20分くらいでいいでしょう。一日に2〜3回行って下さい。
☆注意  患部のアイシングが目的ですから、体全体を冷やさない様にご注意下さい。

ページの先頭へ