ブログ

靭帯・筋肉

1.靭帯って?

骨と骨を繋いでいて『関節』を作っていて、多くは膠原繊維と呼ばれるもので、引っぱり強度が非常強いが、一度伸びてしまうと元に戻らない。 捻挫は靭帯が伸びてしまう事で、程度によるがひどい場合は関節が不安定になり可動時に痛みが伴なう。

症例

1)足関節

①足首を内側にひねる内反捻挫は経験した方も多いでしょう。この場合は、足首の外側にある、踵腓靭帯や前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)、後距腓靭帯(こうきょひじんたい)が引き延ばされる。

②サッカーの練習でボールに乗って転倒した方がいたのだが、足首を外側にひねる外反捻挫で足首の内側にある三角靭帯を引き延ばし、ギプスで固定をし、ギプスをはずした時に可動性回復の手術を検討していた。

アイシングとテーピングをして足関節の位置を調整していく。

2)肩関節

ボールを投げるスポーツでは肩を構成している靭帯が徐々に引き延ばされて肩関節が緩くなり痛みのためボールが投げられなくなる事がある。その他では転倒や重量物の移動時などで靭帯を引き延ばしたり弾裂が起こる。

自分自身の経験では肩関節前方の靭帯を障害されると完全脱臼ではないが肩関節の前方脱臼が起こる事があった。

アイシングとテーピングで安定させて肩関節の調整および筋力トレーニングをすると痛み軽減していきます。

3)膝関節

①スキーの転倒で右膝関節の内側側副靭帯断裂では膝関節が内側から外側に動き、外転テストでは過可動性とともに痛みが発生する。

この方は歩行時の段差なども気をつけていた。 骨盤と膝関節の調整を行い、特に痛みが無くてもアイシングをして頂いた。

②膝蓋骨を安定させている内側膝蓋支帯と外側膝蓋支帯という靭帯の内側膝蓋支帯弾裂の方では、膝を曲げた時に膝蓋骨が外側に落ちてしまい、膝を伸ばそうとする時は膝蓋骨を手で正面に戻す様にしないと、膝蓋骨が引っかかって伸ばす事ができなくなっていた。

この場合は膝蓋支帯の手術が必要となる。

③体操競技の鉄棒から落下で膝関節を過伸展して、前・後十字靭帯の両方を引き延ばした方の膝は、膝関節を90°屈曲した状態で大腿骨に対して脛骨が前後に大きく可動してしまい、歩行時は跛行していた。この方は膝関節を安定させるために普段よりスクワット等の筋トレをしていた。

 

残念な事に一度引き伸ばされた靭帯は手術でも完全な元の状態に戻す事はできない。受傷直後にはアイシングが重要で、軽症の場合なら関節を調整しテーピングし、重傷ならギプスによる安定が必要となります。

 

次回は筋肉です。

頸椎の痛み、腕の痛みは頸椎ヘルニアが原因?

keibutu

以前、施療に来ていた方から「頸椎ヘルニアってって言われたけど、どうですか?」と問い合わせがありました。MRIで第五頸椎と第六頸椎の間にヘルニアがありそれが神経を圧迫している。と診断されたそうです。

症状を聞くと頚と左腕の痛みで、病院ではMRIの他は握力の検査のみで、左手の握力が低下していた。処置として痛み止めとビタミン剤で様子を見るという事。 来院して頂き握力の検査を行った所、右手60kg 左手25kgという事で、腕のしびれも強く頸椎を後ろに倒すと症状の悪化がありました。

施療は通常通り、骨盤、腰椎、頸胸部(第七頸椎と第一胸椎)、第一肋骨および頸椎の調整を行った所、頸椎の痛みや腕のしびれは変化無かったものの、頸椎の伸展度が大きくなり、握力は10kg程度アップしました。

7、8回の施療で頸椎の痛みも無く可動性も増して、腕の痛みやしびれは無くなり、握力も45kgくらいで安定していたのですが、頸椎調整後に握力が下がる事があり、原因が分からずにいたのですが、ふと肩関節を検査すると左肩関節の『ゆるみ』があり、肩関節の調整を行なうと、左手の握力が50kgに上がりました。 その後は肩関節を主体にして調整をしていき、病院での診断は、いたみ、しびれが無く握力50kgだったため治療終了になり、こちらの施療も終了しました。 できれば病院で治療終了する前にもう一度MRIを確認して頂きたかったのですが、再検査は行われませんでしたのでヘルニアの状態を確認する事は出来ませんでした。

カイロプラクティックに係らず、手技療法と言われる方法では腰椎ヘルニアや頸椎ヘルニアが消失する事はありえません。 今回の症例で解る事は、頸椎の痛みや腕のしびれは頸椎および頸胸部の調整で落ち着いてきて、握力は頸椎の問題もありますが、一番の原因は肩関節の『ゆるみ』に起因するものでした。 ヘルニアで坐骨神経痛や腕の神経痛はほとんど関係ないと考えられます。

手術を勧められてる方は一度ご相談下さい。

肋間神経痛

肋骨は左右で12組あり、肋骨の下縁にそって肋間神経があります。
その神経になにがしかの原因で張力が加わると痛みが出ます。それが肋間神経痛と言われる症状です。

多くは脇の下が痛くなったり、肋骨にそって痛みが走る感じや、ひどくなると「胸痛」が起きる事があり、「心臓が痛い」と言って、胸を押さえて身体を丸くしたりします。
決してお年寄りだけの症状ではなく、子供でも肋間神経痛は起こります。

事故や運動障害によるものと思いますが、私の経験では、小学生の女子がこの症状があり、話しを聞くと地域のクラブチームでバレーボールをしているとの事。

バレーボールだけではないでしょうが、ボールを追いかけて背中から落ちたり、他人との接触で後方に転倒した場合では、肋骨が背部より前方に急激な力で押出されるため、その衝撃で肋骨と背骨の関節(肋椎関節や肋横突関節と呼ばれる関節)が離れる方向に力がかかります。

もちろん、関節が目で見えるほどの隙間があくわけではないのですが、関節の密着が悪くなり、わずかに肋間神経が引っ張られる様になり、結果、痛みが発生します。

特に第三肋骨や第四肋骨と言うのは心臓の高さになりますので、この肋骨が障害されると前述した「心臓が痛い」と表現されます。 調整としては、骨盤や脊柱、そして、障害された肋骨を前方から圧着する様にして関節を密着させていきます。

この肋骨の調整法は肋間神経痛だけではなく、ぜんそくの方にも非常に有効な調整法でもあります。

ページの先頭へ