ブログ

歩行

仕事場までの約4kmを徒歩通勤している。

歩く事は『腰痛対策になる』と話す方が多いと思う。
理由としてたいていは筋肉の話しになるのだが、歩行はたいして筋肉を使っていないと考えている。階段や坂道を多く歩く方は相当筋肉を使うが、平坦な道を歩いているだけなら筋力はそれほど強くならないからだ。

直立二足歩行をする「ヒト」が歩いているだけで筋力を使い、エネルギーを消費するのでは大変な事だと思う。移動だけで疲れてしまうわけだから。もちろん筋肉をつける事が悪いわけではない。

歩く事は骨盤の動きを正常化して、骨盤の可動が正常になれば、脊柱の可動性も良くなってくる。 といっても、ゆっくり歩いたり、歩幅の小さな歩き方ではあまり良い効果は得られない。

大股早歩きが基本。身長にもよるが1kmを10分くらいで歩く様にしている。仕事場まで40分くらいで歩く様に心がけている。

靴選びに関してはそれほど高い靴でなくても大丈夫だが、靴ひもはきちんと結ぶ事は大事である。踵をきちんと合わせて、つま先は少し遊ぶ様にし、足の甲の部分でしっかり結ぶと歩きやすくなる。
毎回結ぶのは大変なのだが、慣れてしまうと緩い靴では歩きにくくなり、結ぶ事が当たり前になる。

本来は40分くらい連続で早歩きすると良いのだが、夏場など汗をかいたまま電車に乗っていったり、夜遅くに帰ってくる方に「よく歩いて下さい」というのは無理があるので、駅まで自転車であればそこを歩く様にしたり、エスカレーターを使わず階段にすれば筋力も上がってよい効果がある。
心臓などに病気のある方は医師の診断のもとに行って下さい。

扁平足と魚の目

自分の扁平足を考察してみると、なりはじめたのは中学生の頃だと思われる。 その頃から第二第三の足趾の付け根に『魚の目』があり、多い時には3箇所に魚の目が出来ていて、ひどい時は足を引きずる事もあった。 時折魚の目の外用薬を塗布していたが、ある日、柔らかくなった皮膚を切っていたら、痛みを感じず少し深く切ったら大量の膿みが出て中に三本の太い芯が見えた事があった。

たこも魚の目はその場所に刺激があるため刺激から皮膚を守るために皮膚が硬くなって行く事で、たこが進行すると皮膚の中に芯が出来始めるのが魚の目。 そのため扁平足になると足の縦足弓(じゅうそっきゅう=土踏まずの部分)と横足弓が押しつぶされて地面または履物に第二第三の足趾の付け根が強く当たり皮膚が硬くなってしまう事で、たこや魚の目になってしまうのです。もちろん個々の体質があるため誰でもたこや魚の目になるというわけではないのですが。

開業してから自分の身体の荷重偏差が解り、中学生の頃にはすでに左に荷重(正確には右非荷重)していたために左足の縦足弓と横足弓が潰されていて第二第三の足趾の付け根は絶えず靴に押し付けられている状態になっていた。整備士時代には安全靴を新しくすると必ず魚の目が酷くなってしまった事があった。後年、スニーカータイプの安全靴に変えてから魚の目が出来なくなって来た。

いろいろ薬などがあるが、カイロの学生時代に教わった方法で「重曹+ひまし油」を塗布するというものがあります。 作り方は簡単で、重曹とひまし油を耳たぶくらいの硬さまで混ぜ合わせ、それを傷テープにつけて貼るだけで刺激もありません。

日中は歩くため剥がれてしまうでしょうから就寝時に行えばいいし、剥がれない場所ならそのままにしておいていいでしょう。テープかぶれが無ければ毎日張り替えてかまいませんし、かぶれる方は一日おきでもいいでしょう。

長女が小学一年生の頃、母趾に魚の目が出来た時は10日ほどで小さくなりその後、数日で無くなりました。 自分自身では、今年の夏頃になぜか右示指に魚の目が出来たのですが、この方法で4〜5日で消えました。

魚の目の方はお試しになってはいかがでしょう。

扁平足と外反母趾

自分自身の左足が扁平足で外反母趾がある。扁平足に気づいたのはカイロプラクティックを開業してからになる。

外反母趾は22〜3年ほど前の第五中足骨骨折時、レントゲンを観ていた医師についでに聞いた所、「大丈夫じゃないですか」と言いつつ分度器を出してレントゲンに線を引き、「あ〜、外反母趾ですね」と言った。第一中足骨と母趾基節骨の交点の角度が20°になると外反母趾と判定される。とその医師が言っていた。

扁平足と外反母趾はどちらか一つではなく両方が出現する。扁平足の原因は個人の靭帯の強さも関係するが、体重が左右に偏っているためだと考えている。 骨盤の変位や怪我などで歩行時に体重が片側にかかっていると、体重がかかっている足の内側に多く荷重がかかる。 そのため、足底筋膜が徐々に引き延ばされ、第二楔状骨が下方に押し出されると、中足骨間の靭帯も引き延ばされて足の幅が広がっていき、内側に押し出された第一中足骨が外旋を起こし、第五中足骨は外側に押し出される事によって内旋が起こる。そして足趾は靴の形に添って母趾は外側に、小趾は内側に押され続けて変形していく。

纏めると、何らかの原因で体重の偏荷重がおき、足の内側が潰れはじめ足底腱膜が伸びていき、第二楔状骨が下方に落ち込み、中足骨間の靭帯が引き延ばされると外反母趾、内反小趾になる。という行程をたどる。 伸びきった足底腱膜は元通りになるとは考えにくく、足底筋を鍛えるとかテーピング、インナーソールを靴に入れたりしているが、楽にはなるが扁平足や外反母趾が治ったという話しはあまり聞かない。変形が治っていくには相当な時間がかかるためそれまで我慢できない事もあるのだろう。

カイロプラクティックでは骨盤の調整や脊柱の調整をする事で、荷重偏差を少なくする事や股関節、膝関節、足関節や足趾の調整を行い、痛みを抑え、変形を進ませない様にします。

ページの先頭へ