ブログ

平らな所でつまづく?

201306005kaigo

 

つま先を引きずる様に歩いたり、平らな所でつまづく事がある方に対して、つま先が持ち上がった様な靴や、つま先を引き上げやすい靴下など歩くためのアイテムがいろいろあったり、または引きずるのは筋力が弱いからと、筋トレを勧めるのが一般的である。

しかし、関節の密着が悪くなると神経の伝達が悪くなったり、筋力低下が起きる事がある。特に仙腸関節の密着が悪いとその側の下肢の筋力全体が弱くなる事を多く診ている。股関節や膝関節、そして足関節のゆがみやゆるみがあっても筋力低下は起こる。

足首やつま先を持ち上げる筋肉は長母趾伸筋や前脛骨筋といい、脛骨(すね)の上の方の外側にある。その筋力低下がある方の多くは筋量に左右差が無いにも係らず、筋力低下が起きている事がある。前述した様に関節のゆるみがあると、この様なことが起きやすい。

したがって骨盤や下肢の関節のゆるみを調整する事で解消できる事が多い。仙腸関節を調整すると筋力の回復は顕著に現れる。そして、関節の良い状態を維持するためにはしっかり歩く事である。 歩くために靴や靴下の着用はよいと思うが、それよりもひも靴のひもをきちんと締めて踵が浮かない様にして歩く事が大事で、よく一日一万歩と言われるが、歩数ではなく30分から40分程度を連続で早歩きの必要がある。

最初から30分以上の早歩きは大変であるので、速度を落としたり、時間を短くして始めると長続きする。そして、歩くと言う事は運動ではなくヒトとして二足歩行するという基本の事である。通勤等で時間や距離に制限があるだろうが、なるべく毎日歩く事をお勧めする。

尻もちをついたら?

sirimoti

 

雪の日に足を滑らせたり、階段を踏み外した。または作業中に梯子から落ちた。など、お尻を強く打ち受ける事があると、骨盤に衝撃がかかり寛骨の後方回転が加わり仙腸関節の動きが止まってしまう事がある。

寛骨は仙骨を左右から挟んでいて歩行時に交互に回転する様に動く構造になっている。前述した様に寛骨が後方に強く回転する様な力が加わると仙腸関節の中で仙骨と寛骨が食い込む様に噛み合って動く事が出来なくなる。

数年前に庭仕事の最中に脚立から転落をして右寛骨の後方変位を起こした方がみえたが、一度は仙腸関節の動きは回復していたが、腰痛がある言う事で検査をすると、やはり右仙腸関節の動きが無くなっていた。現在月一回くらいで調整している方なのだが、今回は買い物等でかなり歩いたと言っていた。特に尻もちを突いていないが、お孫さんをだっこしたり荷物を持ったりしていたのが原因と思われる。

転落をした時にお尻強くぶつける事で寛骨が後方変位を起こすと、関節内に傷が出来てその傷が治らないとその傷が引っかかって動きを止めるのではないかと考えている。そのため、しっかり調整をして荷物等を持たず、歩きやすい靴を履いてしっかり歩く事で、仙腸関節を正常にする必要がある。 そして、この様な時には調整後にアイシングするとよい効果があり、調整後の違和感も軽くなる。なにより時間をおかず受傷後早いうちに調整する事が大事になる。

手首の痛み、実は肘に原因が!

wrist

手首が痛いと言う方の手首を検査したところ、掌屈(手のひら側に曲げる)と撓屈(親指側に曲げる)に制限があり、撓屈した時に痛みが出た。 親指と手首の間の関節を掌屈できる様に調整したのだが、撓屈の制限と痛みが引かなかった。

撓屈の制限をよく見てみると、肘関節の一部である上撓尺関節に問題があるのでは考えてみた。 肘内障と呼ばれる肘関節の障害があるのだが、小さなお子さんの肘が抜けるという症状であるのだが、この方は運動をしているので、腕を突いたりぶつけたりしているのだろうと思うが、原因ははっきりしない。

この症状は撓骨頭と言う部分が撓骨輪状靭帯から抜けてしまう状態の事である。 もちろん完全に抜けていれば脱臼になりカイロプラクティックの範疇ではないが、触診すると右側より左側の方がわずかに関節の隙間が広く感じたので、肘内障の調整をしたところ手首の撓屈が回復し痛みも消失した。

手関節の不調も手首だけではないと言う事を考える必要がある。

ページの先頭へ