ブログ

筋肉をつけるのは大事?

kintore

ダイエットや関節を保護するのに筋肉をつける事が大事と言われているのだが、本当に筋肉量を増やす事が大事なのだろうか? ダイエットでは筋肉量を増やして代謝を上げるとよいと言っているが、確かに筋肉量が多ければ代謝が上がるのは事実だろうが、この事を自動車に例えると、すぐ近くのスーパーに行くのに原付で行くのか大排気量の自動車で行くのかと考え方が似ていると思う。

近くのスーパーに行くのにそれほど排気量が無くても問題は無い。レースに出るなら大排気量の車が必要になるだろう。人に置き換えると普段の生活ではそれほど筋力は必要は無く、競技に出る様な方たちはやはり筋力が必要になる。と言う事になる。競技などしなくても筋力、筋量が必要ならヒトは何もしなくてももっと筋肉がついている様に思う。トレーニングをして筋肉を増やして、代謝を上げると言うのは無駄しているのではないかと思う。少ない燃料で多くの仕事をすると言うのが効率が良い。と言う事であるならヒトも食事量が少なく、普通の仕事ができる方がより効率が良いではないだろうか。

ちょっと乱暴な考え方だろうか。 しかし、筋量を増やすには、やはり筋トレが必要であり、筋量を維持するにはトレーニングの継続をする事が必要である。一度筋肉をつけてもトレーニングを止めると元に戻ってしまう。例えば、頸椎の痛みで腕神経叢に牽引がかかった様な場合、腕の筋肉が萎縮を起こす事がある。しかし、腕の神経の負荷が無くなると、筋肉の萎縮は無くなりトレーニングをしなくても筋量は元に戻る。

トレーニングをしなければトレーニング前の筋量になるし、神経障害などで萎縮した筋肉も障害が無くなると元の筋量に戻るのであれば、今現在ついている筋量が個々人の必要量なのであって、競技の様に筋力を使わないのであれば、必要以上の筋肉はいらないのではないかと考えている。

トレーニングをするよりも、今ついている筋肉をよく使う事が大事なのではないだろうか。ちょっとした距離なら交通機関を使わず徒歩で移動する。エレベーターやエスカレーターに乗らず階段を使う。と言う様な事は非常に大事であろう。

以前いらしたお年寄りに「よく歩きましょうね」と言った時にその方は、「嫌です。町内で年寄りが集まって体操をしているから、歩かなくても大丈夫」と言っていた。 確かに体操をしているのなら身体を使っているしたいした問題はないだろうが、人間は直立二足歩行が原則であり、二足歩行をする事で骨盤の動きが正常になり、全体の動きが正常に保たれるのである。

原則を無視してトレーニングで筋量を増やすと言う事には疑問を感じる。 ただし、決して筋トレが悪いとか筋肉がいらないと言っているわけではないと言う事をご理解願いたい。

股関節と膝関節の痛み

ストレッチボード

 

股関節に病理は無いが痛みが出てい場合、多くは骨盤のゆがみに起因している事が観察され、さらに同側の膝関節に腫脹が観られる事も多い。

仙骨に対して寛骨の前方変位があると、同側の股関節の内旋変位が起こりやすい。そして、股関節の内旋変位があると膝関節を完全に伸ばす事がしづらくなり、やや屈曲した形になる。

この状態は膝関節に負担をかけるため炎症が起きて関節内には水が溜まっている事が多い。そのような膝は目で見ても解るくらい大きく、触診すると張ってる感じでプワっとした手応がある。この水は炎症を抑えるために身体が水を溜めて冷やしていると言われており、いくら抜いても炎症があるかぎり水はまた溜まる事になる。

現在、同じ様な症状がある方を二人診ているが、立位で後方から観察すると骨盤が左側に寄っていて、全体のゆがみが出ていて、左側に腰痛を股関節痛を訴えていて、触診すると左側の膝関節の腫脹がある。

一人の方にはストレッチボードに乗ってもらいアキレス腱のストレッチをしてもらっているが、腰が伸ばしやすくなっているようで、直後は股関節痛も軽減していると言っていた。しかし、椅子に座ると立ち上がる時に痛みがあり、5〜6歩、歩かないと痛みが引かないと話している。

ストッレッチに関しては以前「間違ったストレッチを行うと?(2016年1月16日分)」に書いたが、無理な力をかけたり、弾みをつける様なストレッチをしないで、ストレッチボード(つま先がすこし高くしたボード)に立つ事でアキレス腱をストレッチして膝関節も伸展しやすくする効果がある。

痛みが出ない位の運動も必要なのだが、一般的に言う筋肉をつけると言うのではなく、今自分についている筋肉をよく使う事が大事ではないかと考えている。

急性腰痛の施療

gikkuri

あるテレビ番組で、急性腰痛は筋膜同士の癒着が原因であり筋膜の癒着をはがすと痛みが無くなると言っていた。 方法は生理食塩水を筋膜の間に注射すると言うものであったのだが、この方法はどこの病院でも行っているのではないようだ。

実際にエコーで画像を観ながら注射をして、筋膜同士が剥がれていくのが見える。そして、痛みが治まっていくのを確認しているから、筋膜の癒着をはがす事は大変に重要な事であるが、筋膜同士が突然癒着するとは考えにくい。やはり、癒着する原因があると考えなくてはならないだろう。

筋膜同士が癒着しているのは隣り合った筋肉が引き延ばされた状態になっていて、筋膜同士、筋肉同士が押し付けらた結果と思われる。普段より引き延ばされている状態で筋肉の動きが少ない場合に筋肉の癒着が起こると考えている。

ギックリ腰は筋肉の最終組織内ですべりが起こり筋肉内に炎症が起こる事で痛みが発生する。したがって、引き延ばされている筋肉を元の長さにする事が大事となる。筋膜が癒着している状態は慢性的な腰痛があったのではと推察している。その状態で筋肉を瞬間的に引き延ばす様なことが起きればギックリ腰になるだろう。

筋肉が引き延ばされていると言う事は、筋肉が付いている関節にゆがみがあり、傾いている方向と反対側の筋肉がてこの原理で引き延ばされる事になる。 骨盤に変位があると腰椎に傾きが生じ、腰部の筋肉の長さに左右差ができる。

前述した様に傾いた側と反対側は絶えず引き延ばされており、同様に傾いた側と反対側に身体を倒そうとすると、今度は傾いた側の筋肉が強い力で引っ張られる事で、筋肉に炎症が起きる。 カイロプラクティックでは骨盤の変位を戻し、腰椎の動きを正常に近づける事で筋肉の長さを整えていく。そして、初期段階では安静にして、筋肉の炎症が治まるまでアイシングを行う事が重要になる。

ページの先頭へ