ブログ

歩行と万歩計

 

変なタイトルだが、20数年前から一日一万歩が健康に良いと言われているが、現実には一万歩が大事では無いと考えている。

友人が話してくれたのだが、彼の勤めていた会社は3階建てで、一階部分は機械作業で、二階は一般事務所、三階はパソコンによる設計部分になっており、彼は三階で設計をしていた。

設計したプログラムが作業機械で動くのかを確認するため階段の上り下りが多く、それだけで一万歩近く歩数が出ると言っていた。「知ってるでしょ。うちの会社の大きさ。あんなに小さいとろで一万歩近くなるんだから、どれだけ上り下りしてるかって事ですよ。」と話してくれた。

健康のために歩く事は非常に大切であり、カイロプラクティック的に考えでは歩く事は「ヒト」本来の動きであり基本となる動作で、特に骨盤の動きは歩く事で正常な動きを維持する事ができる。そして、あえて「治療」という言葉を使うが、骨盤の治療には大股早歩きが必要になり、一万歩を目標にするのではなく、連続して歩く事が大事になる。
最低でも30分が必要であり、それを日頃から行う事が必須となる。

上記の友人の様に階段の上がり下りだけで一万歩近くになっても、脚の筋肉を鍛える事は出来るのだろうが、骨盤の正常な動きは得る事は出来ないし、場合によっては骨盤の動きに制限が起きる事もある。

ちなみにこの友人の会社は彼の自宅から徒歩で30分くらいの場所にあったので、車通勤しないで徒歩で通うと健康に良かったとおもうのだが。

しかし、現実には通勤時間や着ていく洋服と靴などの問題で、会社勤めの方は歩く時間が取れないとおもうが、バス停を一つ先から乗り、一つ手前で降りて帰る様にするなど工夫して、なるべく早足で歩く事をお勧めする。

骨盤を調整したら、、

以前よりゴルフをしていた方が来院した。特に強い症状はなかったのだが、姿勢分析をすると、右脚に体重がかかっているいる事が解った。
この方は歯科医で座らず立ったままで治療をしている。話しを聞くと右利きのため右脚に体重がかかる様な姿勢にならざるを得ない。という事であった。

初日の施療後、「体重が真ん中に来たのが解る」と言ってお帰りになった。数度の施療後、出身大学に行き、ラウンドする事になり18ホールを廻ったところ、翌日に腰痛がおき来院。
痛めたときの事を聞くと、どうやらフォームが変わってしまったと言っている。「自分のフォームはシフトウェイトをせず、右脚に体重がかかったままボールを打つフォームだった。」そうなのだが、骨盤の調整をしたためか自然にシフトウェイトしてしまったようで、骨盤が左に回転しやすく、腰椎も左に捻りやすくなり腰の右側が引き伸されてしまったのが原因と見られる。

ご本人には「調整してもらったせいでは無いのは解っているから」と言って頂いたが、骨盤の調整をした事でフォームが変わってしまい却って腰痛が出るという事もあるという経験をした。
そのため姿勢の調整後は動きを確認しながら運動を行う必要があると言えよう。

風邪を引いたら?

カイロプラクティックとは直接関係はないのだが、時節柄風邪を引いている方が多いと思う。ネットに「間違った風邪の治し方」というのがあった。その中に「熱を下げようとする事」というのがあり、『風邪をひいたときに熱が出るのは、ウイルスをやっつけようという体の免疫がはたらいている証拠です。無理に体温を下げると、風邪は長引くばかりで一向に治りません』とある。まったくその通りであるのだが、対処の方法で、38°や39°では脇の下に冷却シートを貼ったり氷枕を使う必要は無い。と書いてあるが、 これは頂けない。

脳はタンパク質で出来ていてタンパク質は熱に弱く高熱にさらされると硬化してしまう。ボイルドエッグを作ってみると39°くらいから透明だった白身は硬化して白くなってくる。脳にも同じことが起きる。したがって、体温が高くなるのは免疫を活性化するため必要な事だが、しかし、高音の血液が頭部にいくのは感心しない。脳は徹底的に冷やすべきである。

テレビでは内科医が頭を冷やす必要がなく熱を下げるには大きな血管が通っている脇の下を冷やすと良い。と言っていた。大変な間違いである。頭寒足熱は嘘ではなかった。 食事も栄養のあるものと言われていたが、食事も必要なく、こまめな水分補給(スポーツドリンクは必要なし)をし、ゆっくり休む事が一番である。そして
風邪薬は決して飲んではいけない。風邪薬の多くは解熱剤はいっているため、せっかく熱が出て免疫を高めようとしているのじゃましている事になる。呉々もカイロ的に考えると「脳脊髄液」循環させると頭部の熱が下がり頭がすっきりする事がある。しかも、体温が下がるわけではないので免疫がさがることもないが、発熱時にわざわざカイロプラクティックに来るよりゆっくり休む事が肝心である。

ページの先頭へ