ブログ

大掃除での注意

引っ越し 掃除

年の瀬も迫り大掃除を終えたお宅やこれからの方もいると思う。 注意して頂きたい事に、ギックリ腰や、頚部痛がある。やはり不意に動く事が多い作業のため、ギックリ腰になる方も多々いらっしゃるだろう。 物を持つ時には必ず膝を曲げて、かるく肘を曲げ、腰の力だけで立ち上がらないようする事。

また、立ち上がる時よりも物を持とうと腰を曲げた時の方が受傷しやすい事を忘れてはならない。 以前にも書いた事であるが、筋肉は引き伸された時に障害されるため、腰を曲げる、背中を左右どちらかに曲げる様な感じで背中を伸ばすなどの瞬間に引き伸された側が障害される事多い。 ギックリ腰の時には、作業を中止して痛めた部位をアイシングしながら体を休ませるのが大事になる。

アイシングは氷水を用い一回の時間は時間は15分から20分を目処にして、一日に数回に分けて冷やす事。部屋を温かくしてアイシングをしている部位以外は温めながら行う事が大事。体温が下がらない様に注意をする事。

日頃から首に痛みのある方、特に頭を後ろに倒すと痛みがある方、または倒せない方は、上を向く動作に注意をしたい。電球の交換時に上を向き頚部痛を発症した方もいる。健康番組でも同じ話しがあり、その方は頸随をいため手術を行ったようだ。

この場合も、受傷後すぐに安静にしてアイシングが必要となる。両腕、両足、片側の手足が上手く動かせない様な場合は迷わず救急車を要請する事。 充分に注意いただきたい。ある程度症状が治まってからカイロプラクティックの調整で回復して行くので、この様な時には連絡いただければ幸いである。

坐骨神経痛と椎間板ヘルニア .2

zakotu-2-2-153x300

 

数年前の事だが、右脚のしびれで施療に来た女性がいたのだが、MRIを観るとヘルニアは左側にある。医師も左側と言っていたそうだ。こうなると、ヘルニアが神経を圧迫して痛みやしびれが出るというのは間違っているのでは? と考えるのが普通であろう。

現在ギックリ腰で施療中の男性も、10年ほど前にヘルニアと診断されたそうだが、治療としては痛み止めと経過観察だけだったそうである。その後、痛みが無くなったので治療には行かなかったそうだが、もしヘルニアが神経を圧迫しているとしたら、ほっておいて治るはずは無い。

では痛いやしびれの原因を考えなくてはならないのだが、神経は圧迫よりも牽引により痛みやしびれを発症する。骨盤や腰椎にゆがみが起こると身体が傾く。その傾きを戻そうと上部脊柱が反対側に傾き始める。こうして、神経は徐々に牽引され始めて痛みやしびれが発症する。

多数の坐骨神経痛の方を診て来たが、ヘルニアが原因と思われる方はほとんど経験していない。もちろんヘルニアが原因の場合もあるのだろうが、多くは骨盤のゆがみを調整して行く事で症状の改善が観られる。 腰痛や脚の痛みやしびれが長引いている方はご連絡いただければ幸いである。

※ヘルニアが脊髄を障害している方にはカイロプラクティックの施療で症状の悪化が起こる事がある事を書き足しておく。

坐骨神経痛と椎間板ヘルニア .1

zakotu-2-2

 

椎間板ヘルニアとは椎体と椎体の間にある椎間板が押しつぶされて、椎間板の中にある髄核が椎間板の外側に飛び出した飛び出した状態の事である。

坐骨神経痛は、飛び出した髄核が腰の神経を圧迫するために脚が痛んだりしびれが出る。というのが一般的な説明であるのだが、最近の研究に寄ると腰痛や坐骨神経痛のない方を検査しても70〜80%にヘルニアがあるという。

また、坐骨神経痛で施療に来た方を触診してみると、ヘルニアが無い方に坐骨神経痛が出ている事がある。ヘルニアの原因として考えられる事は、事故やスポーツ障害と日頃の姿勢がある。

背中が丸くなる様な姿勢をとっていると、椎体は前に倒れている形となり、髄核は背中側に押し出されてくるのだが、脊柱の真後ろには脱出しづらい構造になっており、また脊柱自体も左右どちらかに傾いているため、髄核は後外方に押し出される様になり、前述した様に、椎間板を突き破って飛び出した髄核が神経を圧迫するためという説明になる。

続く

ページの先頭へ