ブログ

体操で腰痛が発症

curelist01

お子さんが通っている学校のイベントで、「お母さんも体を動かしましょう」という事で、エアロビの様な体操を行ったところ、腰痛になったしまったとの事。

以前も腰痛で施療していたのだが、症状がほぼ消えた時に学校が春休みになり、施療に通えなくなっていた。今回は左側の腰に痛みが出て立位姿勢分析、骨盤が左にスライドしている。そのため座位では腰椎が左に倒せなくなっていた。

現在は靴下を履く様な動作で痛みが強く出ている。いわゆる「ギックリ腰」に近い状態である 調整をすると腰椎の動きは良くなり、痛みも軽くなるのだが、動きやすくなると買い物等で少し無理をして痛みがぶり返したようだ。

この方は腰椎のゆがみのために普段から左側の筋肉が引き伸されていて、体操によりその筋肉をさらに引き伸した結果、今回の腰痛の原因と思われる。自宅でのアイシングをして頂いている。

体操やストレッチは柔軟性を高めるために行っているのだが、場合によっては筋肉を引き伸しすぎて体を痛める結果になる。注意する事が肝心である。 痛めた場合は安静にして、痛みの強い場所をアイシングする事。腰痛は動いて治せという方もいるが、受傷直後は安静が大事になる。

車中泊で頚部痛に

images

 

横浜から伊勢参りのため車で移動したという方が見えた。月一回くらいでいらっしゃるのだが、今回はちょっと早かったので話しを聞いたとろこ、車中泊のせいだと思うが首が痛いとおっしゃる。

ご自身は運転しなかったそうで、なおさら寝てしまい首の痛みに繋がったのだろう。旅行の後から左腕に軽いしびれ感も出ていると話してくれた。 普段も頸椎に動きは硬く可動域も狭くなっているのだが、今回は特に右側第5頸椎と第6頸椎の間で右側の変位があり可動できないでいた。かなり硬さを感じたが思ったより調整がしやすく、施療後の痛いもだいぶ治まっていた。

左側は腕にしびれが来るほどの変位や可動制限がなく、肩関節を検査するとゆるみがあり、肩甲骨を押さえて腕を足の方に軽く引くと、関節が離れて行くのが触診できた。 頸椎の施療後、仰向けのまま肩関節の調整器を使いご自身で動かせてもらうと、肩関節の可動域が大きくなりしびれ感も無くなっていた。肩関節の問題は学生の頃からバレーボールをしているため、転倒などで痛めている物と思う。

これからの季節はドライブシーズンでもあるので、車中泊では首の位置が悪くならない様な工夫が必要になるだろう。また、痛めた時にはすぐにアイシングを行う事が重要となる。

手首の痛み

wrist

2週間ほど前に運転台から降りた時に転倒。左手の小指側から手を着き掌側に曲げると痛みが強いと言う。触診をすると左側手首の小指側の骨が右手に比べ手の甲側に僅かに出っ張っている。正確な骨の名前は手根骨という八つの骨の中の「三角骨と有鉤骨」という骨が変位をしていた。

動きの悪い方向に軽く圧を加えしばらくすると「ジワッ」っという感じで動き始めた。何度か繰り返すと完全に元の位置というわけにはいかないが、位置が変わって来た。 今回は急性であったため、すぐに症状が軽くなって来たのだが、この状態を我慢してほっておくと、変位した状態の骨の形になってしまい、痛みと動きの悪さが継続していまい調整をしようとしてもなかなか痛みが取れなくなる。

 
このような時には受傷直後にレントゲンで骨折の確認をして、折れてなければアイシングを行い、腫れが軽くなったらカイロプラクティックで手首の調整を行うと効果が高くなる。調整後は痛みが引くまでアイシングを続けると予後がよい。

ページの先頭へ