ブログ

喘息発作 骨盤と胸郭の調整が大事!

喘息で苦しんでいる方が多くいると思うが、骨盤と肋骨の調整で発作が軽くなる事がある。肺とは「他動臓器」であり、胸郭が広がる事で胸腔の陰圧が大きくなり肺に空気が入ってくる構造になっている。吸気時は横隔膜が下がり肋間筋が働き肋骨を開かせる事で胸腔の容積が大きくなり呼気時はその反対が起こる。 ぜんそくとは息が吐けない病気であるという事を考えると、胸腔が広がったままでいるという事になる。息を吐けないからその次の息を吸う事が出来ない状態である。したがって、胸郭の動きを整える事で喘息発作を押さえる事が出来る事になる。

喘息のお子さんを持っているお母さんが「かわいそうだけど、後ろから羽交い締めにして胸を強く押すとよい」と話している番組を見た事がある。 これはまさしく肋骨の調整を行い胸郭の動きを正常にしている事に他ならない。肋骨の動きを抑制しているのは骨盤であり、仙腸関節の両側がゆるい状態になっているので、骨盤の調整後、胸椎、頸椎の調整を行った後に、胸郭の動きを正常に調整する事で発作は軽くなっていく。

運動する事で発作が軽くなっていく事は知られているが、中学時代の同級生で酷い喘息で体育の時間は見学をしていた男の子がいてよく欠席をしてい。しかし、卒業間近に剣道をやりたいと、入部希望をしたのだが両親と医師に「埃を吸うから止めた方がよい」と言われていた。相変わらず授業の欠席は続いていたが、どうしてもという本人の希望で剣道部に入部をしたところ、欠席する事が無くなり顔色も良くなって来たのを覚えている。

やはり動く事で胸郭の可動がよくなった事で呼吸が出来る様になったものと考える。 もちろん、肺や気管支に何らかの病変がある場合は医師の指導が必要であり、誰しもが同じという事ではないが、運動や胸郭の調整は発作を押さえる事が出来ると思っている。また、胸郭のアイシングも効果的である。やはり気管支の炎症があるため、アイシングの場所は気管分岐部である第4肋骨付近(乳頭線=乳首を結んだ線)になる。時間は10〜15分くらいでよく、一日に数度行うと効果がある。喘息の方は試してみるのをお勧めする。なお、アイシングは『部分』を冷やすのであって、体温を下げてはならない事に注意をする事。温かい部屋で寒くならない様にして行う事が大事になる。

腰椎すべり症と言われても諦めないで!

50代女性 職業:マッサージ師。症状:下肢のしびれ。紹介で来院。

静岡県からなので5月の連休中の3日間で施療をした。病院の検査で脊椎無分離すべり症と診断されている。レントゲンを持参して来たため観せてもらった。第4腰椎と第5腰椎の間で第4腰椎から上方が前方にすべっているのがはっきり写っている。ただし、レントゲン上では椎間孔の狭小などなく下肢のしびれが出る様な様子は無い。

カイロの検査を行うと腰椎には強い可動制限がないため、骨盤と頸椎の調整を行った。 3日間の調整でしびれ感は軽くなり、友人宅に泊まりながらいろいろ出かける事が来たと話してくれた。 その後、数ヶ月して時間が取れたため来院。初回の様な症状は無かったが、やはり、しびれ感が出る事があったので調整を以来された。

この方は夫婦でマッサージ業をしており、ご夫君は視力障害があるのだが、カイロの調整を受けた後は、一緒に出かけた時に、足音が違っていると言っていたそうだ。 交通事故等で脊椎に重大な損傷を受けたのでなければ、骨盤、胸椎、頸椎の調整を行う事で身体のバランスがとれるので痛みの軽減があると考えられる。

転倒で指の靭帯を断裂。

本日(1.9)来院したクライアントさんが話してくれたのだが、暮れに奥様がつまづいて左手を付き中指の靭帯を断裂して、年明けに手術をしたそうだ。 検査をする時に痛みが出るため、麻酔をして中指の外転、内転テストを行ったそうだ。 「横に動いた時はじん帯が切れている」と説明を受け、手術を決定した。

以前のブログに書いたが、靭帯の損傷はその関節の機能が失われる事が最大の問題となる。靭帯が断裂したりゆるくなると動くはずの無い方向に関節が動いたり、関節の位置が悪くなる事で正常な可動範囲が得られlなくなる。肘関節や膝関節が横に動いたり、膝蓋骨を安定させている内、外側膝蓋支帯のどちらかが断裂すると膝の屈伸時に膝のお皿が外側または内側に落ち込んで、膝が伸ばせなくなる。などを観た事がある。

この様な場合は病院で靭帯の修復を行う事が必要になる。けっしてほっておかずきちんとした治療を受ける事。民間施療では決して治らないので、大きな受傷時はまずは検査をお勧めする。

ページの先頭へ