ブログ

大掃除でのご注意.2

大掃除でのご注意.2

もう一つ注意していただき事で「首を後ろに倒す」事があげられます。結構首を動かしたりしているようですが、首を後に倒す動作というのは案外しておらず、頸椎の検査をすると、後に倒す(頸椎の伸展といいます)事が出来ない方がほとんどなのです。

伸展が出来なくなっている方では、頭を後ろに倒せないため缶ジュースなどのプルトップタイプの飲み物を「最後まで飲みきれない」という事があります。 これは加齢に寄る事もありますし、最近よく言われる「ストレートネック」と言われる首の骨が真っ直ぐになっている方が多くなっています。 ストレートネックの原因はいろいろですが、このような方達は顔が下を向きやすく(頸椎の屈曲といいます)、この形が長く続いている方は首の関節の動きが悪くなっている事が多く「伸展がしづらい」という事になります。

私の所でも経験がありますが、「蛍光灯を取り替えようとして、上を向いた時に首が痛くなった」という事です。 テレビの健康番組でもテーマになった事がありましたが、その方は頸椎損傷で歩けなくなったそうです。ここへ来られた方はそれほど酷い状態ではなかったため、頸椎の動きを調整して症状は無くなりましたが、高いところの仕事はしっかりした台に乗り不安定にならない様にして下さい。

簡単な頸椎の運動方法

1.頭を後ろに倒す:痛みがある方は痛みがでないところまで。

2.頭を後ろに倒したまま左右に首を捻る:やはり痛みがでないところまで。

3.頭を後ろに倒したまま左右に倒す:これも痛みが出ないところまで。

この動作を1日数度、目が回らない程度にゆっくりと5〜6回行うとよいでしょう。

大掃除でのご注意.1

大掃除でのご注意.1

なによりも「ギックリ腰」への注意ですね。何気ない動作が一番危険なのです。重い物を持つときは「これは重い物」という注意がありますし、一人で動かせないものは最初から二人以上で動かすのでそれほど怖くはないのですが、腰をかがめる動作や背中を伸ばす動作などのあまり動作を気にしない時に、筋肉が瞬間的に引き延ばされてしまいます。
筋肉は引き延ばされて障害を受けますので、ギックリ腰はくしゃみや咳で瞬間的に背中や腰の筋肉が引き延ばされた時に多く発症します。
ですので、大掃除の最中は忙しくて気にしている暇はないかもしれませんが、物を拾う様な動作や腰をかがめる時は、「これから腰を曲げる」と意識して下さい。
そして、かならず膝を曲げて腰だけを深く曲げる動作はしない様にしましょう。なにしろ、瞬間的な事ですので普段から意識する他に防ぎようはありません。

続く

頸椎・脊柱管狭窄症 2

一昨日施療したクライアントさん、本日来院。施療後の様子を聞くと「文字が書きやすくなった」と言っていた。本日は少しもとに戻っているとの事。が、最初よりだいぶ調子がいいようだ。
背中の筋肉の張りもだいぶ良くなっている。施療前検査では、左仙腸関節の前方変位が強く、右仙腸関節の前方変位は軽くなっていた。

頸椎は下部の左側屈が制限され、右の上部に右側屈制限がはっきりして来た。今回も持続圧で調整をする。さらに鎖骨と両側の肩関節のゆるみを調整後、手関節と各指の関節の調整を行う。施療後、指を動かす動作が速くなっている。
次回から施療前後の握力を検査する。

2015.12.16

ページの先頭へ