ブログ

肩関節の自己調整法〜器具使用

少し前に自作の肩関節調整器具の写真を載せたが、使用法の写真を撮ったので参考までに書いてみる。

仰向けになり、器具を両手に持ち天井に向けて腕を伸ばす。

sholder1

 

どちらが先でも構わないので、左右にハンドルを回す様にする。

sholder2.2

このペットボトルは2L容器で、一杯まで水を入れてあるが、重いようであれば水の量を加減すればよい。  水の重さで肩関節を密着させながらハンドル運動で可動域を正常にする事が目的になる。10〜20回程度でよいので、毎日行って行くと可動性が増し、痛みも軽減される。

立位または座位で、腕を前に伸ばしハンガーを持ってハンドル運動を行ってもよいのだが、腕を前に伸ばしているのですぐに疲れてしまいあまり効果がない。 仰向けで2kg程度の重量でも肩関節密着させるには問題が無いし、しかも天井に向けているのでうまくバランスを取れば疲労も少ない。 以前の肩関節自己調整法と併せて行ってみて頂きたい。

膝の痛み〜オスグットシュラッテル病

imgres

膝の痛みのなかで「オスグットシュラッテル病」という病気がある。成長期にスポーツをしているお子さんたちに起こる事のある病気である。

病気と言っても細菌やウイルス感染ではなく多くはスポーツ障害であり、大腿四頭筋が脛骨粗面から剥がれる病気になる。ジャンプをする、ボールを蹴る、ラグビーの様に脚を踏ん張って膝を伸ばすという様なスポーツで多く見られる。

大腿四頭筋というのは膝を伸ばす筋肉であり、骨盤と大腿骨から起こり膝のすぐ下にある脛の出っ張っている部分「脛骨粗面」に付着する。成長期の子供たちはまだ筋肉が骨にしっかり付いていないため、強い筋肉運動を行うと骨から筋肉が剥がれやすい状態である。 走り込んだりすると脛骨粗面に痛みが出たり、膝関節に水が溜まる。

基本的には運動の中止が望ましいが、レギュラーからはずされないように、痛みを我慢して練習をする事がある。もちろん、筋肉が完全に骨から剥がれる事は無いのだが、剥がれかけた部分は元に戻る事は無く、大人になっても脛骨粗面をぶつけると強い痛みがある。 ある程度の年齢に達するまで強い運動を避けたいのだが、何もしないと筋肉量が減少するので、膝の屈伸をあまりしない様な運動で大腿四頭筋の筋肉維持が必要になる。

筋トレの方法

1. 仰向けになり意識してお腹を引っ込める→腹横筋のトレーニング 3分×5セットくらい

2. 片脚づつ膝を伸ばしたままで脚の上下運動→大腿四頭筋のトレーニング 片側15回づつ

3. 立ち上がり膝を伸ばしたままつま先で軽くジャンプをする 20回から30回程度

4. 早歩きを行う 30分から40分程度を連続して歩く

そして、トレーニング後はアイシングを行う。

以前は大腿四頭筋を鍛えるのはうさぎ跳びをしていたが膝に障害起きやすいので、現在では行わないよう聞いているが、実際にはまだ行われているようだ。

運動部に所属していて、膝の痛みを訴えているお子さんをお持ちの親御さんは、どんな練習をしているのか聞いてみる事が必要と思う。

肩の痛み・自己調整方法

sholder ad

本日いらしたクライアントさん。先月、右肩の痛みを訴えていた。やはり、痛みは続いていて、「腕がだるい」と言っていた。病院にも行ったようだが、首からだろうという事でレントゲンを撮り、リハビリでおもりを持って腕を振る、いわゆるアイロン体操と呼ばれる事をしたというのだが、やはりあまりよい感じが得られなかったのだろう。一度で止めたと言っていた。

この方の右肩は、『ゆるみ』のタイプなので、肩から腕を引き伸す様な治療は行ってはならないのだ。ゆるみのタイプでは、前に腕を伸ばし肘を曲げ多状態で、肘を体の内側に動かすと、肘が顔の中心まで行かない事が多く、痛みもある。 ストレッチなどでは、この状態で反対側の手で肘を引っ張る様にするのだが、これも行わない方がよい。ゆるみの肩関節はすでに筋肉(棘下筋)が引き伸されているのである。したがって、ストレッチを行うと余計に筋肉を痛める事になる。

自己調整の方法

1.上記の状態でストレッチではなく反対の手で肘を押さえて、軽い力で肘を後ろに3〜5秒くらい引く様にして、瞬間脱力をする。これを3〜5回くらい行う。

2.風呂で湯につかっている時に、腕を体の横に付けて、肘を前に曲げて前腕を前にする。手を開き手のひらを内側に向けて、手首ではなく腕全体内側と外側に大きく動かす。水の抵抗で肩の内旋筋と外旋筋を鍛える(鍛えると言っても筋肉を強くするのが目的ではない)

3.写真にある様な器具を使う方法もある。言葉で書くと解りづらいのだが、仰向けになって、ハンガーの斜めの部分を握って天井側に腕を伸ばす。車のハンドルを回す様にハンガーを左右に回す。肩の痛みが出た時には痛みが出る寸前で回すのを止める。これを左右に20〜30回くらい行う。

この器具は自分の肩関節調整用に作ったものだが、ハンガーに2Lのペットボトルをひもでくくり付けただけのものであるが、2kgくらいの重さで肩関節を密着させハンドル回し運動で関節の可動域を広げ、変位を調整する事が出来そうである。ハンガーの斜めの部分がちょうどいい角度に思える。
本日のクライアントさんに使用したところ調整前と調整後は可動域がずいぶん広がっていた。自分で簡単に作れるので肩の痛みがある方はお試し戴きたい。 調整後は15〜20分くらいのアイシングが効果的。

ページの先頭へ